スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ベジチャリティー、ふたたび!

東日本大震災、福島第一原発の事故から早2年が経ちます。


亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、
被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

また原発事故により多大な負担を強いられている皆様にも重ねてお見舞いを申し上げます。

あの3.11は金曜日でした。

その次の土日には九州中の有機農業仲間が集う「九州の若けぇもんの会」を予定していました。


しかし巨大地震と大津波が東日本の沿岸一帯を襲い、日本中が深い悲しみに包まれ、
イベントも中止されました。


私自身は実際に被災地に行っていないので、
ニュースを見ることでしか被災地の状況を知ることはできませんが、
あれだけの被害が出たのだから相当な年月をかけて少しずつ元に戻っていくものだと思います。


中にはあの日から時間が止まったままの方もいるだろうし、
復興に向けて一歩ずつ進んでいる方もいるんだと思います。

いずれにしても長い時間をかけて取り組んでいかなかくてはならない問題となりました。


被災地に追い討ちをかけるようにして起きた原発事故。


福島原発から出された放射性物質は広範囲にまき散らされて私たちの頭上に降りてきました。


豊かな農産物を育んできた田畑や野山、
無数の生き物の宝庫である豊かな日本の海、
そして当たり前に恩恵を受けてきたきれいな空気が汚されてしまいました。


私たちはそうした被災地の厳しい現状を分かっているつもりでも分かっていないかもしれません。


それならば自分たちに何ができるだろうか。

地震や津波によって被害を受けた方、
また原発事故により多大な負担を強いられている多くの方々に、
鹿児島の農業に関わる自分たちがどんな手伝いができるだろうか。


そういう想いで昨年開催したのが、「ベジチャリティー」でした。


若けぇもんの会メンバーは「さよなら原発!かごしまパレード」が開かれた
昨年の3.11の会場で、県内中の有機農業者から提供を受けた規格外の有機農産物を販売しました。


たくさんの善意で集まったトラック満載の農産物は、それを提供して下さった方、
必死に販売してくれた若けぇもんメンバー、そしてそれを買って応援してくださった多くの皆様のおかげで全て完売。


必要経費を除いたすべての収益は、
被災地の団体および放射能問題に取り組む団体に寄付をさせていただきました。



被災地の復興、そしてそこに横たわる放射能問題という課題。

これは長い年月を費やすことは間違いありません。


だから細くてもいいから長く、応援をしたいと考えるのです。


私たちの仲間が大切に育てた貴重な品々。


採れたて土つきのじゃが芋、さつま芋、人参。新鮮な葉物野菜、ダイコン、深ねぎ、
たくさんの果物、お米などなど。


昨年同様に鹿児島中央駅前東口広場で、2013年は3月10日の日曜日にこの有機農産物を販売します。

朝10時から夕方に売り切れるまで行います。


鹿児島に住んでいる皆さま、農産物を買っていただくことで被災地を応援しませんか。

皆様のお越しを若けぇもん一同心よりお待ちしています。


Text By 園山 宗光

スポンサーサイト

2013.02.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。