スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ステージのご案内


3・11さよなら原発!
かごしまパレード

ステージ担当の森と申します。



ステージ周りは、バタバタしっぱなしの準備が進行中。
このビッグイベントが、
もう直前に迫ってからの、
今さらながらの、
ステージ紹介です。

まだまだバタバタします。



駅前広場での特設ステージ。

街頭パレード中のサウンドカー。

どちらも、
音楽、トーク、ライブペインティング、などなど。多彩かつ豪華です。
本番直前。早くも熱気みなぎるステージの内容は、以下の通りです。



NO NUKES STAGE

10時~13時
『太陽の広場』にて

場所は、鹿児島中央駅東口駅前広場。
市電の電停そば。銅像のところ。
賑やかに演ってるので、すぐわかると思います。

出演は、

バケツハウス

武者ドレッド

薩摩唐芋楽団BLOODY

赤星秀一

以上が音楽の演奏。
さらにライブペインティングの、

juntoki

という顔触れです。






NO NUKES PARADE

14時~17時
鹿児島中央駅~高見馬場・天文館・いづろ~朝日通り交差点を折り返し、
~いづろ・天文館・高見馬場~鹿児島中央駅

トラクターやヤギ・アイガモ、ママと子どもたち、などのピースフルなパレードに続いて、
これまたピースフルなサウンドカーが出撃します。

出演は、

CHABIN

UNITE311

佐原貫太郎&山下誠一朗

JUN

DJ、トーク、バンド演奏で、力強く行進します。

(出演エントリー受付は終了しました。ご了承ください)


広場ステージもパレードステージも、実力者が揃い踏み。
ライブハウス、クラブ、イベント等で引っ張りだこの面々ですね。
鹿児島在住の音楽ファンなら、知ってる名前がいくつもあるのではないでしょうか。

逆に、知らないという人は、これまたラッキー。新しい音楽との出逢いです。
気に入った出演者は、今後フォローしてみてください。

音楽スタイルとしてもバラエティに富み、充実のラインナップです。
広場では出店で買い食いしながら聴くもよし。
パレード中は沿道で買い食いしながら踊るもよし。
楽しい一日になりそうです。
関係者ながら、率直に、楽しみです。






さて、
楽しみです。と言ったのには、ちょっと特別な理由があります。
それは、音楽的な実力だけではなく、出演者それぞれの想い。
311への想いを、それぞれに大切に抱いて、ステージに立ってくれます。

311。
一言で括れない日です。
地震、津波、原発事故、それ以外にも、あまりに多くのことがあり、多くの想いがあります。

それでも、たったひとつのキーワードで、ステージは進行します。
さよなら原発。
たったひとつのキーワード。
それを合言葉に集まり、歩きます。

そもそも、原発をテーマにしたイベントに出演すること自体、ちょっとしたことです。
出演者には、それなりの覚悟があると思います。
そして、いろんな想いがあると思います。


きっと、想いはさまざま。
でも、見つめる先は不思議と、一点に集中しているような気がします。

未来へ歩き出す。
一歩、踏み出す日になるでしょう。


さて、
もうイベントは目前なので、来場する予定のかたは、準備バッチリかと思います。

でも、
行こうか、どうしようか、
迷ってるというかたも、きっと少なくない気がします。

そんな皆さん、
特に音楽を愛する皆さん、
これは何としても観るべきです。

一歩、踏み出しましょう。
想いを、持ち寄りましょう。

出演者じゃなくても、イベントやパレードに参加することは、ちょっとしたことです。
それなりの覚悟があります。

一歩、踏み越えるからです。

一歩、踏み越えたところ。
そこで皆さんは、出演者の想いに触れるはず。
遠巻きに見ていては、無理です。
皆さんがご自分の想いを持ち寄って、はじめて触れられる。
出演者だけじゃない、みんなの想いが触れあい、つながる。
そんなステージになるのでは。
僕は、そんな風に感じています。






僕が、いわゆる「反原発」のイベントやパレードに参加するようになったのは、3年くらい前。
ちょうど川内原発3号機増設が焦点化した頃でした。

政治、経済、科学、環境、倫理、文明、などなど。
無数の切り口で語られる、原発。
でも、その原発ですら、切り口のひとつでしかないのではないか。
ゴールは、未来は、その先にある。

あえて言うなら、
生きる、って、どういうことだろう。
幸せ、って、どういうことだろう。
とか。

どこか、そんな一点を見つめ、想いを持ち寄る。
大切なのはきっと、そういうことじゃないかな、と。

そんな感覚を抱いたのは、イベントやパレードでのことだった。

世界を裏側から見た気がした。
本当に語るべきことを見つけたような気がした。

書籍やネットで得た知識。
職場や家庭や居酒屋での議論。
そういうのも、もちろん貴重だ。でも、

自分の足でラインを越えなければ見えない景色がある。


311以前から関わってきた立場で、反省というか懺悔のような想いは消えない。
でも、出演者たちの想いを聞くたびに、少しずつ、僕にも新しい気持ちが芽生えている。

僕らは原発のある世界に生きてきた。
そして、その世界で事故は起きた。
それまで推進だったか、反対だったか、無関心だったか、そういうことと関係なく。
ひとつの責任を、僕らは等しく負っている。

強い想いを抱えてステージに立とうとしている出演者たち。
僕はもう一度、ラインを越えて、彼らに向き合いたい。


と、
例えば、そんな想いです。


3月11日。
なるべくいろんな想い、なるべくたくさんの想いが、集まったらいいな。
そうなったら、ますます素敵なステージになることでしょう。


ステージで、お待ちしております。

あ、
僕はステージ下で、バタバタしていると思いますが。

よろしくお願い致します。






text by 森

スポンサーサイト

2012.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。